ネイサン・レインとアンドリュー・ガーフィールド出演の『エンジェルス・イン・アメリカ』が来春ブロードウェイにトランスファー

今年の春、ネイサン・レインとアンドリュー・ガーフィールドが出演し、ロンドンのNational Theatreでリバイバル上演されたトニー・クシュナーの『エンジェルス・イン・アメリカ』(Angels in America)が、来春ブロードウェイにトランスファーされることが決定した。

2018年2月23日プレビュー開始、3月21日オープンの予定で、現在ミュージカル『キャッツ』( Cats )が上演されている Neil Simon Theatre にて18週間限定の公演となる。

クシュナーのピューリッツァー賞受賞作『エンジェルス・イン・アメリカ』は、1980年代、エイズが同性愛者だけがかかる病気だと信じられていた時代のニューヨークを舞台に、エイズや同性愛について深く考査した複雑で隠喩的な作品。ピューリッツァー賞の他、トニー賞やドラマ・デスク・アワードを受賞し、HBOによってテレビミニシリーズにもなった。

芝居はパート1とパート2にわかれる2部式で、上演時間はパート1が約3時間半、パート2が約4時間15分という大作だ。

今回ブロードウェイへのトランスファーが決まったNationalのプロダクションは、『夜中に犬に起こった奇妙な事件』(The Curious Incident of the Dog in the Night-time)や 『戦火の馬』(War Horseのマリアン・エリオットの演出。トニー賞を2度受賞しているレインがロイ・コーン役を演じ、ガーフィールドがプライアー・ウォルター役を演じた。

Nathan Lane in Angels in America

Nathan Lane (Roy M Cohn) in Angels in America – Millennium Approaches
Photo by Helen Maybanks

ブロードウェイへのトランスファーでは、レインやガーフィールドの他、オリヴィエ賞受賞者のデニース・ゴフ、ジェイムズ・マクアードル、スーザン・ブラウン、ネイサン・スチュワート=ジャレット、アマンダ・ローレンスら、ロンドンの主要キャスト8名のうち7名がブロードウェイでも同じ役を演じる予定だが、ラッセル・トーヴィーはテレビの撮影のためにブロードウェイには出演できず、トーヴィーが演じたジョー・ピット役は別の役者が演じる。

National のプロダクションは今年の4月11日にLyttelton Theatreにてプレビュー公演がスタートし、5月4日にオープン、8月19日まで上演された。また、7月にはNational Theatre Liveのプログラムとして、一部の映画館でも上映された。

『エンジェルス・イン・アメリカ』は、ニューヨークでは2010年にオフ・ブロードウェイで上演されたが、ブロードウェイでの上演は1993年の初演以来となる。

Top Photo: Andrew Garfield (Prior) in Angels in America – Millennium Approaches
Photo by Helen Maybanks 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s