クライヴ・オーウェン主演、パオロ・ソレンティーノ監督、カンパリの短編映画”Killer in Red”が公開!

『グレート・ビューティー/追憶のローマ』(La grande bellezza)で第86回アカデミー賞外国語映画賞を受賞し、現在米HBOで放映中の『ザ・ヤング・ポープ(原題)』(The Young Pope)を監督したパオロ・ソレンティーノの13分の短編映画”Killer in Red“が公開された。

Killer in Redはイタリア、ミラノ発祥の赤いリキュール、カンパリの広告用に作られた短編で、主演はBMWのキャンペーン広告用短編映画シリーズにも主演しているクライヴ・オーウェン。J・ウォルター・トンプソンのオリジナル・ストーリーをベースにソレンティーノが脚本を書いた。

誰も客がいない高級バーに、いつも約束に遅れ、多くの人に似ていると言われる男(オーウェン)がやってくる。男が女性を待つ間、バーテンダーは1970年代終わりにそのバーにいたというあるバーテンダー、フロイド(オーウェン)の話を始める。

フロイドは客のキャラクターを読み、その客に合う特別のカクテルを作るバーテンダー。そのフロイドが働くバーにある夜、赤いドレスの女が夫のハリウッド・プロデューサーに連れられてやってきた。

共演はキャロライン・ティレット、ティム・アハーン、トム・アシュレイ、スティーヴ・オズボーン他。

ソレンティーノらしい美しい映像が堪能できるフィルム・ノアールだ。

Killer in Red

Campari  オフィシャルウェブサイト

Photo © Ale Burset for Campari

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s