ハリウッド版Godzilla『ゴジラ』の続編監督にマイケル・ドハティ

2014年に公開されたギャレス・エドワーズ監督のハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』(Godzillaの続編、Godzilla: King of Monsters『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ(原題)』の監督に、『クランプス 魔物の儀式』(Krampus)のマイケル・ドハティが就任することが決定した。Varietyが報じた。

『GODZILLA ゴジラ』の続編監督は引き続きエドワーズが務めることが決めっていたが、昨年5月、レジェンダリーとワーナー・ブラザーズが続編の公開予定日を9ヶ月遅らせて2019年3月22日にすると発表した直後にエドワーズが降板し、以来監督の椅子が空席となっていた。

レジェンダリーは一昨年、Godzillaの続編にモスラ、ラドン、キングギドラの三大怪獣が登場することを示唆した。ドハティは既にこの続編の脚本家としてザック・シールズと共に参加している。

Photo © Warner Bros. 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s