『ザ・クラウン』のクレア・フォイ、『ドラゴン・タトゥーの女』の続編『蜘蛛の巣を払う女』の新リスベット役に決定!

Netflixのオリジナルシリーズ『ザ・クラウン』(The Crown)の若きエリザベス女王役で知られるクレア・フォイが、「ミレニアム」シリーズの映画化最新作でリスベット・サランデルを演じることに決まった。Varietyが報じた。

「ミレニアム」シリーズは全世界的に大ヒットしたスウェーデンの作家スティーグ・ラーソンのミステリー小説三部作。スウェーデンでは2009年にノオミ・ラパス主演で映画化され、続編も作られた。2011年にはハリウッドでもデイヴィッド・フィンチャー監督、ルーニー・マーラ主演で映画化された。

今回の最新作は、シリーズ一作目が出版される前に亡くなってしまったラーソンの相続人が、三部作のキャラクターを元にした続編の執筆を別の作家ダヴィド・ラーゲルクランツに依頼し、2015年に出版されたシリーズ「四作目」の『蜘蛛の巣を払う女』(The Girl in the Spider’s Web)。

その小説を基に、映画『イースタン・プロミス』(Eastern Promises)やテレビドラマ ’Taboo‘ のスティーヴン・ナイトが脚本を書き、『ドント・ブリーズ』(Don’t Breathe)のフェデ・アルバレスが監督する。アメリカでの劇場公開日は2018年10月18日の予定だ。

フォイはNetflixの『ザ・クラウン』で今年のゴールデン・グローブ賞とスクリーン・アクターズ・ギルド・アワードを受賞しており、この週末発表されるエミー賞でもドラマシリーズの主演女優賞にノミネートされている。

Embed from Getty Images

Claire Foy 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s