ライアン・マーフィーの『ヴェルサーチ:アメリカン・クライム・ストーリー(原題)』にペネロペ・クルスがドナテッラ・ヴェルサーチ役で参加!

1997年に起こったファッション・デザイナー、ジャンニ・ヴェルサーチ殺害事件を扱うライアン・マーフィーのアンソロジーシリーズ『アメリカン・クライム・ストーリー』(American Crime Story)シーズン3に、ペネロペ・クルスがジャンニの妹、ドナテッラ・ヴェルサーチ役で出演することが決定した。The Hollywood Reporterなどが報じた。

Gianni and Donatella Versace

ジャンニを演じるのは『ボーン・アルティメイタム』(The Bourne Ultimatum)のエドガー・ラミレス。殺害犯のアンドリュー・クナナンは『glee/グリー』のダレン・クリスが演じる。

Edgar Ramirez

Darren Criss

『ヴェルサーチ』はヴァニティ・フェア誌のライター、モーリーン・オースがヴェルサーチ殺害事件について執筆した’Vulgar Favors‘をもとにしたドラマ。

1997年7月、世界的に著名なファッション・デザイナーのジャンニ・ヴェルサーチがフロリダ州マイアミビーチにある別荘の入り口で、ミネアポリスやシカゴ、ニュージャージーで4人を殺害して逃亡中のシリアルキラー、アンドリュー・クナナンに殺害され、その8日後、殺害犯のクナナンも警察に包囲されるボートハウスの中で自殺したという事件を描く。

今回クルスが演じることになったドナテッラ役は、レディ・ガガが演じるのではないかと噂されていた役だが、マーフィーがその噂を否定していた。

クルスの最近のハリウッド映画出演作には『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』(Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides)や『ズーランダー No.2』(Zoolander No. 2)などがあり、ウディ・アレンの2008年の映画『それでも恋するバルセロナ』(Vicky Cristina Barcelona)でオスカーを受賞しているクルスが、テレビシリーズにレギュラー出演するのはこれが初めてとなる。

Penelope Cruz

ジャンニ役のラミレスは2010年の『コードネーム:カルロス 戦慄のテロリスト』(Carlos)でゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、最近ではエミリー・ブラント主演のスリラー映画『ガール・オン・ザ・トレイン』(The Girl on the Train)に出演している。

クナナン役を演じるクリスは、マーフィーの『glee/グリー』でブレイクした後、ブロードウェイでミュージカルHow to Succeed in Business Without Really Trying(『努力しないで出世する方法』)Hedwig and the Angry Inch(『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』)に期間限定出演し、テレビにも『アメリカン・ホラー・ストーリー』などにゲスト出演していたが、レギュラー出演は『glee/グリー』以来となる。

全10話を予定している『ヴェルサーチ:アメリカン・クライム・ストーリー(原題)』(Versace: American Crime Story)は2018年に米ケーブルネットワーク局FXで放映予定で、ハリケーン・カトリーナを扱ったシーズン2の放映が終わった後、時間をおかずにオンエアされる予定だ。

Top Photo: Zoolander No. 2 © Paramount Pictures

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s