第32回フィルム・インディペンデント・スピリット・アワーズ(2017 Film Independent Spirit Awards)受賞者発表!

毎年オスカーの前日に開催されるフィルム・インディペンデント・スピリット・アワーズが今年も2月25日、サンタモニカのビーチで開催され、『ムーンライト』(Moonlight)が作品賞を含む6冠に輝いた。

『ムーンライト』はノミネートされた全ての部門で受賞し、作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、撮影賞、ロバート・アルトマン賞を手にした。

ノミニー及び受賞者・受賞作品の全リストは以下のとおり。(受賞者・受賞作品はオレンジ色で表示)


The 32nd Film Independent Spirit Awards 第32回フィルム・インディペンデント・スピリット・アワーズ(2017年)

BEST FEATURE 作品賞

 

MOONLIGHT『ムーンライト』
プロデューサー: デデ・ガードナー、ジェレミー・クレイナー、アデール・ロマンスキー

AMERICAN HONEY『アメリカン・ハニー(原題)』
プロデューサー: Thomas Benski, Jay Van Hoy, Lars Knudsen, Lucas Ochoa, Pouya Shahbazian, Alice Weinberg
CHRONIC『或る終焉』
プロデューサー: Michel Franco, Gina Kwon, Gabriel Ripstein, Moisés Zonana
JACKIE『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
プロデューサー: Darren Aronofsky, Scott Franklin, Ari Handel, Juan de Dios Larraín, Mickey Liddell
MANCHESTER BY THE SEA『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
プロデューサー: Lauren Beck, Matt Damon, Chris Moore, Kimberly Steward, Kevin J. Walsh

BEST DIRECTOR 監督賞

 

バリー・ジェンキンス – Moonlight『ムーンライト』

アンドレア・アーノルド – American Honey『アメリカン・ハニー(原題)』
パブロ・ラライン – Jackie『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
ジェフ・ニコルス – Loving『ラビング 愛という名前のふたり』
ケリー・ライヒャルト – Certain Women『サーテイン・ウィメン(原題)』

BEST FEMALE LEAD 主演女優賞 

 

イザベル・ユペール – Elle『エル』

アネット・ベニング – 20th Century Women『トゥエンティエス・センチュリー・ウィメン(原題)』
サッシャ・レーン – American Honey『アメリカン・ハニー(原題)』
ルース・ネッガ – Loving『ラビング 愛という名前のふたり』
ナタリー・ポートマン – Jackie『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

BEST MALE LEAD 主演男優賞

 

ケイシー・アフレック – Manchester by the Sea『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

デイヴィッド・ヘアウッド – Free In Deed『フリー・イン・ディード(原題)』
ヴィゴ・モーテンセン – Captain Fantastic『はじまりへの旅』
ジェシー・プレモンス – Other People『アザー・ピーポー(原題)』
ティム・ロス – Chronic『或る終焉』

BEST SUPPORTING FEMALE  助演女優賞

 

モリー・シャノン – Other People『アザー・ピーポー(原題)』

エドウィーナ・フィンドリー – Free In Deed『フリー・イン・ディード(原題)』
ポーリーナ・ガルシア – Little Men『リトル・メン(原題)』
リリー・グラッドストーン – Certain Women『サーティン・ウィメン(原題)』
ライリー・キーオ – American Honey『アメリカン・ハニー(原題)』

BEST SUPPORTING MALE 助演男優賞

 

ベン・フォスター – Hell or High Water『最後の追跡』

ラルフ・ファインズ – A Bigger Splash『ア・ビッグ・スプラッシュ(原題)』
ルーカス・ヘッジス – Manchester by the Sea『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
シャイア・ラブーフ – American Honey『アメリカン・ハニー(原題)』
クレイグ・ロビンソン – Morris From America『モリス・フロム・アメリカ(原題)』

BEST SCREENPLAY 脚本賞 

 

バリー・ジェンキンス、タレル・アルバン・マクレイニー (物語) – Moonlight『ムーンライト』

ケネス・ロナガン – 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
マイク・ミルズ – 20th Century Women『トゥエンティエス・センチュリー・ウィメン(原題)』
アイラ・サックス、マウリシオ・ザカリアス – Little Men『リトル・メン(原題)』
テイラー・シェリダン – Hell or High Water『最後の追跡』

BEST EDITING 編集賞 

 

ジョイ・マクミロン、ナット・サンダース – Moonlight『ムーンライト

マシュー・ハナム – Swiss Army Man『スイス・アーミー・マン(原題)』
ジェニファー・レイム – Manchester by the Sea『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
ジェイク・ロバーツ – Hell or High Water『最後の追跡』
セバスチャン・セプルヴェダ – Jackie『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

BEST DOCUMENTARY FEATURE 長編ドキュメンタリー賞

 

O.J.: MADE IN AMERICA『O・J:メイド・イン・アメリカ(原題)』
監督/プロデューサー: Ezra Edelman
プロデューサー: Deirdre Fenton, Libby Geist, Nina Krstic, Erin Leyden, Tamara Rosenberg, Connor Schell, Caroline Waterlow

13th
監督/プロデューサー: エイヴァ・デュヴァーネイ
プロデューサー: Spencer Averick, Howard Barish

CAMERAPERSON
監督/プロデューサー: クリステン・ジョンソン
プロデューサー: Marilyn Ness

I AM NOT YOUR NEGRO
監督/プロデューサー: ラウール・ペック
プロデューサー: Rémi Grellety, Hebert Peck

SONITA
監督: Rokhsareh Ghaemmaghami
プロデューサー: ゲルド・ハーグ

UNDER THE SUN
監督: ヴィタリー・マンスキー
プロデューサー: Natalya Manskaya

BEST CINEMATOGRAPHY 撮影賞

 

ジェームス・ラックストン – Moonlight『ムーンライト』

エイバ・バーコフスキー – Free In Deed
ロル・クロウリー – The Childhood of a Leader
ザック・カパースタイン – The Eyes of My Mother
ロビー・ライアン – American Honey『アメリカン・ハニー(原題)』

BEST FIRST FEATURE 初監督長編作品賞 

 

THE WITCH
監督: ロバート・エガーズ
プロデューサー: Daniel Bekerman, Jay Van Hoy, Lars Knudsen, Jodi Redmond, Rodrigo Teixeira

THE CHILDHOOD OF A LEADER
監督: ブレイディ・コルベット
プロデューサー: Antoine de Clermont-Tonnerre, Chris Coen, Ron Curtis, Helena Danielsson, Mona Fastvold, István Major

THE FITS
監督/プロデューサー: アナ・ローズ・ホルマー
プロデューサー: Lisa Kjerul

OTHER PEOPLE
監督: クリス・ケリー
プロデューサー: Sam Bisbee, Adam Scott, Naomi Scott

SWISS ARMY MAN『スイス・アーミー・マン(原題)』
監督: ダニエル・クワン、ダニエル・シェイナート
プロデューサー: Miranda Bailey, Lawrence Inglee, Lauren Mann, Amanda Marshall, Eyal Rimmon, Jonathan Wang

BEST FIRST SCREENPLAY 初脚本賞

 

ロバート・エガーズ – The Witch『ザ・ウィッチ(原題)』

クリス・ケリー – Other People
アダム・マンスバック – Barry
ステラ・メギー – Jean of the Joneses
クレイグ・シローウィッチ – Christine『クリスティーン(原題)』

JOHN CASSAVETES AWARD ジョン・カサヴェテス賞

(50万ドル以下で製作された長編作品に贈られる賞)

 

SPA NIGHT
脚本/監督: アンドリュー・アン
プロデューサー: David Ariniello, Giulia Caruso, Ki Jin Kim, Kelly Thomas

FREE IN DEED
脚本/監督:ジェイク・マヘイ
プロデューサー: Mike Bowes, Mike S. Ryan, Brent Stiefel

HUNTER GATHERER
脚本/監督: ジョシュ・ロシー
プロデューサー: Michael Covino, April Lamb, Sara Murphy, Isaiah Smallman

LOVESONG
脚本/監督: ソ・ヨン・キム
脚本/プロデューサー: Bradley Rust Gray
プロデューサー: David Hansen, Alex Lipschultz, Johnny Mac

NAKOM
脚本/監督/プロデューサー: T・W・ピットマン
監督/プロデューサー: Kelly Daniela Norris
脚本/監督: Isaac Adakudugu
プロデューサー: Giovanni Ximénez

ROBERT ALTMAN AWARD ロバート・アルトマン賞

(監督、キャスティング・ディレクター、アンサンブル・キャストに贈られる賞)

 

MOONLIGHT『ムーンライト』
監督: バリー・ジェンキンス
キャスティング・ディレクター: Yesi Ramirez
アンサンブル・キャスト: Mahershala Ali, Patrick Decile, Naomie Harris, Alex Hibbert, André Holland, Jharrel Jerome, Janelle Monáe, Jaden Piner, Trevante Rhodes, Ashton Sanders

BEST INTERNATIONAL FILM インターナショナル映画賞

 

TONI ERDMANN『ありがとう、トニ・エルドマン』 (ドイツ/ルーマニア) 監督: マレン・アデ

AQUARIUS『アクエリアス』 (ブラジル) 監督: クレーベル・メンドンサ・フィリョ
CHEVALIER (ギリシャ) 監督:アティナ・ツァンガリ
MY GOLDEN DAYS『あの頃エッフェル塔の下で』 (フランス) 監督: アルノー・デプレシャン
UNDER THE SHADOW (英国/カタール/ヨルダン) 監督: ババク・アンヴァリ

The 20th PIAGET PRODUCERS AWARD ピアジェ・プロデューサーズ賞

(限られた資金にもかかわらず、インディペンデント作品を製作するのに必要な創造性や粘り強さを見せた新進気鋭のプロデューサーに贈られる賞。ピアジェより賞金25,000ドル授与)

ジョルダーナ・モリック

The 23rd KIEHL’S SOMEONE TO WATCH AWARD キールズこの人に注目賞

(まだ相当な評価を受けていない才能あるフィルムメーカーに贈られる賞。キールズより賞金25,000ドル授与)

アナ・ローズ・ホルマー、The Fits

The 22nd TRUER THAN FICTION AWARD フィクションより真実賞

(まだ相当に認知されていない新進気鋭のノンフィクション映画監督に贈られる賞。賞金25,000ドル授与)

ナンフ・ワン、 Hooligan Sparrow

Film Independent Spirit Awards オフィシャルウェブサイト

Top Photo: Moonlight © A24

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s