『スター・ウォーズ』シリーズのレイア姫として知られるキャリー・フィッシャーが60歳で他界

ジョージ・ルーカスのオリジナル『スター・ウォーズ』トリロジーのレイア姫として知られる、女優で脚本家で作家のキャリー・フィッシャーが、火曜日の朝亡くなった。60歳だった。

フィッシャーは1週間前に出版された新しいメモワール、’The Princess Diarist’をロンドンでプロモーションの後、12月23日、ロンドンからロサンゼルスに向かう旅客機内で重度の心臓発作を起こし、着陸後にUCLAメディカルセンターに搬送されて集中治療を受けていた。一時は重体と報じられていたが、25日、母のデビー・レイノルズが自身のFacebookページに、フィッシャーはまだICUにいるものの容体は安定しているとファンに向けて報告したばかりだった。

Embed from Getty Images

Carry Fisher with her new book ‘The Princess Diarist’ at Waterstones, Piccadilly, on December 11, 2016 in London, England

フィッシャーの娘のビリー・ラードの代理として家族のスポークスマンであるサイモン・ホールズがPeople誌に声明を発表した。

「ビリー・ラードは彼女の最愛の母キャリー・フィッシャーが今朝8時55分に他界したことを深い悲しみとともにお伝えします。彼女は世界中から愛され、深く惜しまれることでしょう。私たち家族一同、皆さんの願いと祈りに感謝します。」(“It is with a very deep sadness that Billie Lourd confirms that her beloved mother Carrie Fisher passed away at 8:55 this morning. She was loved by the world and she will be missed profoundly. Our entire family thanks you for your thoughts and prayers.”)

Embed from Getty Images
Carrie Fisher and Debbie Reynolds

フィッシャーは女優デビー・レイノルズとポップ歌手エディ・フィッシャーの娘として1956年に生まれた。1973年に母レイノルズがブロードウェイでリバイバルされたミュージカルIrene『アイリーン』に主演した際、フィッシャーもデビュタント役で出演して母娘でブロードウェイデビューを果たし、また、1975年にはハル・アシュビー監督のコメディ映画Shampoo『シャンプー』に出演してウォーレン・ベイティやゴールディー・ホーンと共演した。

フィッシャーを有名にしたのはジョージ・ルーカスのSF、『スター・ウォーズ』(Star Wars)。シシー・スペイセクやジョディ・フォスターの名前も候補として上がったをレイア姫役を演じたフィッシャーは、一躍スターとなっただけでなく、アイコンとなった。

レイア姫は、女性は男性に守られるものという型にはまらず、勇気と志を持って自ら戦う強い女性として描かれて人気を博した。

star-wars

Carrie Fisher as Princess Leia in Star Wars © Lucasfilm Ltd.

オリジナルトリロジーの続編となるエピソード7、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(Star Wars: The Force Awakens)が昨年公開され、フィッシャーは約30年ぶりにレイア姫役を演じてファンを喜ばせた。また既に今年の7月に撮影が終了し、来年12月に公開が予定されているエピソード8にも出演している。

『スター・ウォーズ』の他には、『ブルース・ブラザーズ』(The Blues Brothers)や『ハンナとその姉妹』(Hannah and Her Sisters)、『恋人たちの予感』(When Harry Met Sally…)などの映画に出演しているが、後にメリル・ストリープ主演で映画にもなった自伝的小説『崖っぷちからのはがき』(Postcards from the Edge)などの小説を執筆し、また、ブロードウェイでも上演された一人芝居、Wishfull Drinking『ウィッシュフル・ドリンキング(原題)』を書くなど、作家としての才能も発揮した。Wishfull Drinkingはその後メモワール化された。

また、双極性障害を患っていることをオープンにし、ドラッグの過剰摂取で死にかけた過去などについても自伝的小説やメモワールの中で描写している。

1週間前に出版されたばかりのメモワール’The Princess Diarist’には『スター・ウォーズ』撮影時のことが記され、当時19歳だったフィッシャーが33歳で既婚者だったハリソン・フォードと恋愛関係にあったことを認めている。

フィッシャーはTwitterユーザーで、愛犬のアイコンと絵文字を多用したツイートでファンを楽しませていた。

Embed from Getty Images

 

Top Photo © Lucasfilm Ltd. 

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s