ミッシェル・ウィリアムズがジャニス・ジョプリンの伝記映画に主演か?

ミッシェル・ウィリアムズが『マーサ、あるいはマーシー・メイ』(Martha Marcy May Marlene)のショーン・ダーキンが監督するジャニス・ジョプリンの伝記映画、Janis(『ジャニス(原題)』)に主演するかもしれない。

 

ジャニス・ジョプリンは魂を震わせるようなパワフルな歌声が特徴の1960年代のアイコン的ロック歌手。薬物の過剰摂取のため1970年に27歳の若さでこの世を去ったが、死後に発売されたアルバム「パール」はビルボードのチャートで9週連続1位を記録し、ロック史にその名を残す偉大なロックシンガーの一人として知られている。

ミッシェル・ウィリアムズは歌える役者として一般には知られていないものの、2014年にはブロードウェイでミュージカル『キャバレー』に主演し、また、2017年公開予定のヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画The Greatest Showmanの撮影を控えている。

ジョプリンをモデルにした映画には、1979年に公開されたベット・ミドラー主演、マーク・ライデル監督の『ローズ』があるが、『ジャニス』は、ジョプリンの妹ローラがジョプリンの手紙を基にして書いたメモワールLove, Janisをベースにした伝記映画となる。ジョプリンのキャリアを追いつつ、アルコールと薬物中毒と闘う様子を描き、また、Piece of My Heart, Me and Bobby McGee, Get It While You Can, Move Over, Cry Babyなどのヒット曲も使われる予定だ。

ジャニス・ジョプリンの伝記映画は他にも企画があり、エイミー・アダムスの主演が予定されているが、Get It While You Canというタイトルのそちらの映画は脚本をめぐる訴訟のため現在停滞状態だ。

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s