第73回ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞にラヴ・ディアス監督のThe Woman Who Left

第73回ヴェネチア国際映画祭が9月10日(現地時間)に閉幕し、コンペティション部門最高賞の金獅子賞をフィリピン映画 The Woman Who Left が受賞した。

ラヴ・ディアス監督のThe Woman Who Left は殺人の濡れ衣を着せられ、30年間を刑務所で過ごした女性の復讐劇。3時間50分の白黒映画だ。

審査員大賞に輝いたのは、トム・フォードが監督したLAのアート界とテキサスの暗黒街を舞台にしたロマンチック・ノワール映画 Nocturnal Animals

銀獅子監督賞はParadise(ロシア・ドイツ)のアンドレイ・コンチャロフスキー監督とLa Region Salvage(メキシコ)のアマト・エスカランテ監督がタイとなった。

 

主な賞は次のとおり。

 

金獅子賞

The Woman Who Left (ラヴ・ディアス, フィリピン)

銀獅子監督賞

アンドレイ・コンチャロフスキー(Paradise、 ロシア・ドイツ)
アマト・エスカランテ(La Region Salvage(英語タイトルThe Untamed)、メキシコ)

審査員大賞

Nocturnal Animals (トム・フォード、アメリカ)

審査員特別賞

The Bad Batch (アナ・リリー・アミールポアー、アメリカ)

男優賞

オスカー・マルチネス (The Distinguished Citizen、 アルゼンチン、スペイン)

女優賞

エマ・ストーン (La La Land、 アメリカ)

マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)

ポーラ・ビール (Frantz、フランス)

脚本賞

ノア・オッペンハイム(Jackie、アメリカ)

 

Top Photo: The Woman Who Left, Courtesy Venice Film Festival

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s