『ピッチ・パーフェクト』のレベル・ウィルソン、『ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ』のリメイクに出演

『ピッチ・パーフェクト』(Pitch Perfect)や『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』(Bridesmaids)のレベル・ウィルソンが、1988年のコメディ『ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ』(Dirty Rotten Scoundrels)の現代版リメイクを製作、出演する。

Embed from Getty Images

 

フランク・オズが監督した『ペテン師とサギ師/だまされてリビエラ』は、富豪の相続人から財産をだまし取ろうと2人の詐欺師が競い合う話。スティーブ・マーティンとマイケル・ケインが詐欺師を演じ、グレン・ヘドリーが富豪の相続人を演じた。

もともと『ペテン師とサギ師』もリメイクで、オリジナルはマーロン・ブランドとデイヴィッド・ニーヴンが主演したラルフ・レビー監督の1964年の『寝室ものがたり』(Bedtime Story)。

今回の現代版は、先月公開された『ゴーストバスターズ』(Ghostbusters)や、これから製作される『オーシャンズ11』(Ocean’s Eleven)、『スプラッシュ』(Splash)同様、キャラクターの性別を入れ替えてリメイクされ、ウィルソンが演じるのは相続人ではなく詐欺師役。

監督はまだ決まっていない。

Top Photo from Dirty Rotten Scoundrels

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s