魚になればマーク・ライランスの新作芝居’Nice Fish’が無料で見られる!?

マーク・ライランスが詩人ルイス・ジェンキンスの散文詩を使って作り上げた新作芝居Nice Fishが、11月からロンドンのウェスト・エンドで上演される。

今年の2月にニューヨーク、ブルックリンのSt. Ann’s Warehouseで上演された際、全公演ソールドアウトとなった作品で、7月10日(月)午前10時(ロンドン時間)から一般発売されるウェスト・エンドのチケットも早々の完売が予想されている。

だが、もしチケット争奪戦に敗れても、今年のオスカー受賞者ライランスの芝居を見る方法はまだある。上演日当日、魚か、あるいは釣竿を持った魚釣りの格好をしてハロルド・ピンター・シアターに行けば、プライベートボックス席が無料でもらえるのだ。

ただし、この無料チケットは早い者勝ち。夜公演の無料チケットは午後6時から、マチネ公演は1時半から配布される。

ブロードウェイのHamiltonのようにチケットを取るため野宿する人が出るほどの人気になるかどうかは不明だが、11月15日から来年1月21日までの公演期間中、劇場の前には魚がウヨウヨし、魚釣りたちがたむろすることが予想される。

Nice Fishは、子ども時代をアメリカの中西部で過ごしたライランスが、ミネソタの詩人ルイス・ジェンキンスの散文詩をつなぎ合わせて作り出した芝居。アイスフィッシングに出かけた二人の男の1日をファンタジックに描いている。演出はライランスの妻、クレア・ヴァン・カンペン。ブルックリン上演時のキャスト全員がウェスト・エンドの公演に出演する。

Nice Fish
Harold Pinter Theatre
オフィシャルサイト

Advertisements

About Sooim Kim

映画館や劇場内、テレビの前に生息する夜行性ヒト科のメス。知能はチンパンジーよりやや高い。どう猛で群れを作らず、映画、演劇、TV番組等、面白いものを求めてさまよう性質がある。前方に突き出た口から毒性の批評を吐き、時折好んだキャラクターに変身する。機嫌が良いと映画などのワンシーンを再現することが確認されている。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s