第22回放送映画批評家協会賞(Critics’ Choice Awards)受賞者発表!

日曜日、サンタモニカのBarker Hangarで、第22回放送映画批評家協会賞(Critics’ Choice Awards クリティックス・チョイス・アワーズ)の授賞式が開催された。

授賞式の模様は米ケーブルテレビ局のA&Eで放映され、映画Deadpool『デッドプール』やテレビコメディシリーズSilicon Valley『シリコン・バレー(原題)』のT・J・ ミラーがホストを務めた。

放送映画批評家協会賞は、テレビやラジオなどで活躍するアメリカとカナダの批評家達がその年の最も優れた映画やテレビ作品、アーティストを選出して讃える賞で、放送批評家協会(Broadcast Film Critics Association)と放送テレビジャーナリスト協会(Broadcast Television Journalists Association )が発表する。

これまで放送映画批評家協会賞がアカデミー賞のノミネートと重なることが多かったため、アカデミー賞を最も正確に予測する賞として特に映画部門が注目を浴びている。

今年はLa La Land『ラ・ラ・ランド』が作品賞、監督賞を含む8部門を受賞。圧倒的な強さを見せて最多受賞作となり、次点のManchester by the Sea『マンチェスター・バイ・ザ・シー(原題)』は3冠に終わった。

テレビ部門ではFXのThe People v. O.J. Simpson『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』が4冠に輝き、FXは6部門で受賞、HBOの4部門受賞を抜いた。

第22回放送映画批評家協会賞の主要部門候補と受賞者は以下の通り。

(受賞作品・受賞者はオレンジ色で表示)


映画

BEST PICTURE(作品賞)

Arrival『メッセージ』
Fences『フェンス』
Hacksaw Ridge『ハクソー・リッジ』
Hell or High Water『ヘル・オア・ハイ・ウォーター(原題)』
La La Land『ラ・ラ・ランド』
Lion『ライオン』
Loving『ラヴィング(原題)』
Manchester by the Sea『マンチェスター・バイ・ザ・シー(原題)』
Moonlight『ムーンライト(原題)』
Sully『ハドソン川の奇跡』

BEST ACTOR(男優賞)

ケイシー・アフレック – Manchester by the Sea『マンチェスター・バイ・ザ・シー(原題)』
ジョエル・エドガートン – Loving『ラヴィング(原題)』
アンドリュー・ガーフィールド – Hacksaw Ridge『ハクソー・リッジ』
ライアン・ゴスリング – La La Land『ラ・ラ・ランド』
トム・ハンクス – Sully『ハドソン川の奇跡』
デンゼル・ワシントン – Fences『フェンス』

BEST ACTRESS(女優賞)

エイミー・アダムス – Arrival『メッセージ』
アネット・ベニング – 20th Century Women『トゥエンティエス・センチュリー・ウィメン(原題)』
イザベル・ユペール – Elle『エル(原題)』
ルース・ネッガ – Loving『ラヴィング(原題)』
ナタリー・ポートマン – Jackie『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
エマ・ストーン – La La Land『ラ・ラ・ランド』

BEST SUPPORTING ACTOR(助演男優賞)

マハーシャラ・アリ – Moonlight『ムーンライト(原題)』
ジェフ・ブリッジズ – Hell or High Water『ヘル・オア・ハイ・ウォーター(原題)』
ベン・フォスター – Hell or High Water『ヘル・オア・ハイ・ウォーター(原題)』
ルーカス・ヘッジズ – Manchester by the Sea『マンチェスター・バイ・ザ・シー(原題)』
デーヴ・パテール – Lion『ライオン』
マイケル・シャノン – Nocturnal Animals『ノクターナル・アニマルズ』

BEST SUPPORTING ACTRESS(助演女優賞)

ヴァイオラ・デイヴィス – Fences『フェンス』
グレタ・ガーウィグ – 20th Century Women『トゥエンティエス・センチュリー・ウィメン(原題)』
ナオミ・ハリス – Moonlight『ムーンライト(原題)』
ニコール・キッドマン – Lion『ライオン』
ジャネール・モネイ  – Hidden Figures『ヒドゥン・フィギュアーズ(原題)』
ミッシェル・ウィリアムズ – Manchester by the Sea『マンチェスター・バイ・ザ・シー(原題)』

BEST YOUNG ACTOR/ACTRESS(ヤング・男優/女優賞)

ルーカス・ヘッジズ – Manchester by the Sea『マンチェスター・バイ・ザ・シー(原題)』
アレックス・R・ヒバート – Moonlight『ムーンライト(原題)』
ルイス・マクドゥーガル – A Monster Calls『ア・モンスター・コールズ(原題)』
マディナ・ナルワンガ – Queen of Katwe『クイーン・オブ・キャトウイ(原題)』
サニー・パワー – Lion『ライオン』
ハイリー・スタインフェルド – The Edge of Seventeen『ジ・エッジ・オブ・セブンティーン(原題)』

BEST ACTING ENSEMBLE(アクティング・アンサンブル賞)

20th Century Women『トゥエンティエス・センチュリー・ウィメン(原題)』
Fences『フェンス』
Hell or High Water『ヘル・オア・ハイ・ウォーター(原題)』
Hidden Figures『ヒドゥン・フィギュアーズ(原題)』
Manchester by the Sea『マンチェスター・バイ・ザ・シー(原題)』
Moonlight『ムーンライト(原題)』

BEST DIRECTOR(監督賞)

デミアン・チャゼル – La La Land『ラ・ラ・ランド』
メル・ギブソン – Hacksaw Ridge『ハクソー・リッジ』
バリー・ジェンキンス – Moonlight『ムーンライト(原題)』
ケネス・ローガンKenneth Lonergan – Manchester by the Sea『マンチェスター・バイ・ザ・シー(原題)』
デイヴィッド・マッケンジー – Hell or High Water『ヘル・オア・ハイ・ウォーター(原題)』
ドゥニ・ヴィルヌーヴ – Arrival『メッセージ』
デンゼル・ワシントン – Fences『フェンス』

BEST ORIGINAL SCREENPLAY(オリジナル脚本賞)

デミアン・チャゼル – La La Land『ラ・ラ・ランド』
バリー・ジェンキンス – Moonlight『ムーンライト(原題)』
ヨルゴス・ランティモス/エフティミス・フィリッポゥ – The Lobster『ロブスター』
ケネス・ローガン – Manchester by the Sea『マンチェスター・バイ・ザ・シー(原題)』
ジェフ・ニコルズ – Loving『ラヴィング(原題)』
テイラー・シェリダン – Hell or High Water『ヘル・オア・ハイ・ウォーター(原題)』

BEST ADAPTED SCREENPLAY(脚色賞)

ルーク・デイヴィーズ – Lion『ライオン』
トム・フォード – Nocturnal Animals『ノクターナル・アニマルズ』
エリック・ハイセラー – Arrival『メッセージ』
トッド・コマーニッキー – Sully『ハドソン川の奇跡』
アリソン・シュレーダー/テオドール・メルフィ– Hidden Figures『ヒドゥン・フィギュアーズ(原題)』
オーガスト・ウィルソン – Fences『フェンス』

BEST CINEMATOGRAPHY(撮影賞)

ステファーヌ・フォンテーヌ – Jackie『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
ジェイムズ・ラックストン – Moonlight『ムーンライト(原題)』
シェイマス・マクガーヴェイ – Nocturnal Animals『ノクターナル・アニマルズ』
ライナス・サンドグレン – La La Land『ラ・ラ・ランド』
ブラッドフォード・ヤング – Arrival『メッセージ』

BEST PRODUCTION DESIGN(プロダクションデザイン賞)

Arrival『メッセージ』– パトリス・ヴァーメット・ポール・ホッテ
Fantastic Beasts and Where to Find Them『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 – ステュワート・クレイグ、ジェイムス・ハンバッジ、アンナ・ピノック
Jackie『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』 –ジャン・ラバッセ 、ヴェロニク・ムルリー
La La Land『ラ・ラ・ランド』 – デイヴィッド・ワスコ、サンディ・レイノルズ=ワスコ
Live by Night『夜に生きる/Live by Night』 – ジェス・ゴンカー、ナンシー・ハイ

BEST EDITING(編集賞)

トム・クロス – La La Land『ラ・ラ・ランド』
ジョン・ギルバート – Hacksaw Ridge『ハクソー・リッジ』
ブルー・マーレイ – Sully『ハドソン川の奇跡』
ナット・サンダース/ジョイ・マクミロン – Moonlight『ムーンライト(原題)』
ジョー・ウォーカー – Arrival『メッセージ』 

BEST COSTUME DESIGN(衣装デザイン賞)

コリン・アトウッド – Fantastic Beasts and Where to Find Them『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
コンソラータ・ボイル – Florence Foster Jenkinsマダム・フローレンス! 夢見るふたり
マデリーン・フォンテイン – Jackie『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
ジョアンナ・ジョンストン – Allied『マリアンヌ』
イーメル・ニ・ウェイールドーニ – Love & Friendship『ラヴ&フレンドシップ(原題)』
メアリー・ゾフレス – La La Land『ラ・ラ・ランド』

BEST HAIR & MAKEUP(ヘア&メイキャップ賞)

Doctor Strange『ドクター・ストレンジ』
Fantastic Beasts and Where to Find Them『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
Hacksaw Ridge『ハクソー・リッジ』
Jackie『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
Star Trek Beyond『スター・トレック BEYOND』

BEST VISUAL EFFECTS(視覚効果賞)

A Monster Calls『ア・モンスター・コールズ(原題)』
Arrival『メッセージ』
Doctor Strange『ドクター・ストレンジ』
Fantastic Beasts and Where to Find Them『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
The Jungle Book『ジャングル・ブック』

BEST ANIMATED FEATURE(長編アニメ賞)

Finding Dory『ファインディング・ドリー』
Kubo and the Two Strings『クボ・アンド・ザ・トゥー・ストリングス(原題)』
Moana『モアナと伝説の海』
The Red Turtle『レッドタートル ある島の物語』
Trolls『トロールズ(原題)』
Zootopia『ズートピア』

BEST ACTION MOVIE(アクション映画賞)

Captain America: Civil War『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
Deadpool『デッドプール』
Doctor Strange『ドクター・ストレンジ』
Hacksaw Ridge『ハクソー・リッジ』
Jason Bourne『ジェイソン・ボーン』

BEST ACTOR IN AN ACTION MOVIE(アクション映画男優賞)

ベネディクト・カンバーバッチ – Doctor Strange『ドクター・ストレンジ』
マット・デイモン – Jason Bourne『ジェイソン・ボーン』
クリス・エヴァンズ – Captain America: Civil War『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
アンドリュー・ガーフィールド – Hacksaw Ridge『ハクソー・リッジ』
ライアン・レイノルズ – Deadpool『デッドプール』

BEST ACTRESS IN AN ACTION MOVIE(アクション映画女優賞)

ガル・ガドット – Batman v Superman: Dawn of Justice『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
スカーレット・ヨハンソン – Captain America: Civil War『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
マーゴット・ロビー – Suicide Squad『スーサイド・スクワット』
ティルダ・スウィントン – Doctor Strange『ドクター・ストレンジ』

BEST COMEDY(コメディ映画賞)

Central Intelligence『セントラル・インテリジェンス(原題)』
Deadpool『デッドプール』
Don’t Think Twice『ドント・シンク・トゥワイス(原題)』
The Edge of Seventeen『ジ・エッジ・オブ・セブンティーン(原題)』
Hail, Caesar!『ヘイル、シーザー!』
The Nice Guys『ナイスガイズ!』

BEST ACTOR IN A COMEDY(コメディ映画男優賞)

ライアン・ゴスリング – The Nice Guys『ナイスガイズ!』
ヒュー・グラント – Florence Foster Jenkinsマダム・フローレンス! 夢見るふたり
ドウェイン・ジョンソン – Central Intelligence『セントラル・インテリジェンス(原題)』
ヴィゴ・モーテンセン – Captain Fantastic『キャプテン・ファンタスティク(原題)』

ライアン・レイノルズ –『デッドプール』

BEST ACTRESS IN A COMEDY(コメディ映画女優賞)

ケイト・ベッキンセール – Love & Friendship『ラヴ&フレンドシップ(原題)』
サリー・フィールド – Hello, My Name Is Doris『ドリスの恋愛妄想適齢期』
ケイト・マッキノン – Ghostbusters『ゴーストバスターズ』
ハイリー・スタインフェルド – The Edge of Seventeen『ジ・エッジ・オブ・セブンティーン(原題)』
メリル・ストリープ – Florence Foster Jenkins『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

BEST SCI-FI/HORROR MOVIE(SF/ホラー映画賞)

10 Cloverfield Lane『10 クローバーフィールド・レーン』
Arrival『メッセージ』
Doctor Strange『ドクター・ストレンジ』
Don’t Breathe『ドント・ブリーズ』
Star Trek Beyond『スター・トレック BEYOND』
The Witch『ザ・ウィッチ(原題)』

BEST FOREIGN LANGUAGE FILM(外国語映画賞)

Elle『エル(英題)』
The Handmaiden『ハンドメイドン(英題)』
Julieta『ジュリエッタ(英題)』
Neruda『ネルーダ(英題)』
The Salesman『ザ・セールスマン(英題)』
Toni Erdmann『トニ・アードマン(英題)』

BEST SONG(歌曲賞)

Audition (The Fools Who Dream) – La La Land『ラ・ラ・ランド』
Can’t Stop the Feeling – Trolls『トロールズ(原題)』
City of Stars – La La Land『ラ・ラ・ランド』
Drive It Like You Stole It – Sing Street『シング・ストリート 未来へのうた』
How Far I’ll Go – Moana『モアナと伝説の海』
The Rules Don’t Apply – Rules Don’t Apply『ルールズ・ドント・アプライ(原題)』

BEST SCORE(作曲賞)

Nicholas Britell – Moonlight『ムーンライト(原題)』
Jóhann Jóhannsson – Arrival『メッセージ』
ジャスティン・ハーウィッツ – La La Land『ラ・ラ・ランド』
ミカチュー – Jackie『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
Dustin O’Halloran, Hauschka – Lion『ライオン』


テレビ

BEST COMEDY SERIES(コメディシリーズ賞)

Atlanta『アトランタ(原題)』 – FX
Black-ish『ブラッキッシュ(原題)』  – ABC
Fleabag『フリーバッグ(原題)』 – Amazon
Modern Family 『モダン・ファミリー』– ABC
Silicon Valley『シリコン・バレー(原題)』 – HBO
Unbreakable Kimmy Schmidt『アンブレイカブル・キミー・シュミット』 – Netflix
Veep『ヴィープ(原題)』 – HBO

BEST ACTRESS IN A COMEDY SERIES(コメディシリーズ女優賞)

エリー・ケンパー – Unbreakable Kimmy Schmidt『アンブレイカブル・キミー・シュミット』 – Netflix
ジュリア・ルイス=ドレイファス – Veep『ヴィープ(原題)』 – HBO
ケイト・マッキノン – Saturday Night Live『サタデー・ナイト・ライブ』 – NBC
トレイシー・エリス・ロス – Black-ish『ブラッキッシュ(原題)』 – ABC
フィービー・ウォーラー=ブリッジ – Fleabag『フリーバッグ(原題)』 – Amazon
コンスタンス・ウー – Fresh Off the Boat『フレッシュ・オフ・ザ・ボート(原題)』  – ABC

BEST ACTOR IN A COMEDY SERIES(コメディシリーズ男優賞)

アンソニー・アンダーソン – Black-ish『ブラッキッシュ(原題)』 – ABC
ウィル・フォーテ – The Last Man on Earth 『ザ・ラスト・マン・オン・アース(原題)』 – FOX
ドナルド・グローバー – Atlanta『アトランタ(原題)』 – FX
ビル・ヘイダー – Documentary Now!『ドキュメンタリー・ナウ!(原題)』  – IFC
パトリック・スチュワート – Blunt Talk『ブラント・トーク(原題)』  – Starz
ジェフリー・タンバー – Transparent『トランスペアレント』 – Amazon

BEST SUPPORTING ACTRESS IN A COMEDY SERIES(コメディシリーズ助演女優賞)

ジュリー・ボーウェン – Modern Family『モダン・ファミリー』  – ABC
アンナ・クラムスキー – Veep『ヴィープ(原題)』 – HBO
アリソン・ジャニー – Mom『マム(原題)』 – CBS
ジェーン・クラコウスキー – Unbreakable Kimmy Schmidt『アンブレイカブル・キミー・シュミット』 – Netflix
ジュディス・ライト – Transparent『トランスペアレント』 – Amazon
アリソン・ウィリアムズ – Girls『GIRLS/ガールズ』  – HBO

BEST SUPPORTING ACTOR IN A COMEDY SERIES(コメディシリーズ助演男優賞)

ルイー・アンダーソン – Baskets『バスケッツ(原題)』 – FX
アンドレ・ブラウアー – Brooklyn Nine-Nine『ブルックリン・ナイン-ナイン(原題)』 – FOX
ティトゥス・バージェス – Unbreakable Kimmy Schmidt 『アンブレイカブル・キミー・シュミット』– Netflix
タイ・バーレル – Modern Family『モダン・ファミリー』  – ABC
トニー・ヘイル – Veep『ヴィープ(原題)』 – HBO
T・J・ミラー – Silicon Valley『シリコン・バレー(原題)』  – HBO

BEST GUEST PERFORMER IN A COMEDY SERIES(コメディシリーズ・ゲスト・パフォーマンス賞)

アレック・ボールドウィン – Saturday Night Live『サタデー・ナイト・ライブ』 – NBC
クリスティーン・バランスキー – The Big Bang Theory『ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則』  – CBS
ラリー・デイヴィッド – Saturday Night Live『サタデー・ナイト・ライブ』 – NBC
リサ・クードロゥ – Unbreakable Kimmy Schmidt『アンブレイカブル・キミー・シュミット』 – Netflix
リーアム・ニーソン – Inside Amy Schemer『インサイド・エイミー・シューマー(原題)』 – Comedy Central

BEST DRAMA SERIES(ドラマシリーズ賞)

Better Call Saul『ベター・コール・ソール』 – AM
Game of Thrones『ゲーム・オブ・スローンズ』 – HBO
Mr. Robot『MR.ROBOT / ミスター・ロボット』 – USA Network
Stranger Things『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 – Netflix
The Crown『ザ・クラウン』 – Netflix
This Is Us『ディス・イズ・アス(原題)』 – NBC
Westworld『ウエストワールド』 – HBO

BEST ACTRESS IN A DRAMA SERIES(ドラマシリーズ女優賞)

カトリーナ・バルフ – Outlander『アウトランダー』 – Starz
ヴァイオラ・デイヴィス – How to Get Away with Murder – ABC
タチアナ・マスラニー – Orphan Black『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』 – BBC America
ケリー・ラッセル – The Americans『ジ・アメリカンズ』 – FX
エヴァン・レイチェル・ウッド – Westworld『ウエストワールド』 – HBO
ロビン・ライト – House of Cards『ハウス・オブ・カード 野望の階段』 – Netflix

BEST ACTOR IN A DRAMA SERIES(ドラマシリーズ男優賞)

サム・ヒューアン – Outlander『アウトランダー』 – Starz
ラミ・マレック – Mr. Robot – USA Network
ボブ・オデンカーク – Better Call Saul『ベター・コール・ソウル』 – AMC
マシュー・リス – The Americans『ジ・アメリカンズ』 – FX
リーエフ・シュライバー – Ray Donovan『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』 – Showtime
ケビン・スペイシー – House of Cards『ハウス・オブ・カード 野望の階段』 – Netflix

BEST SUPPORTING ACTRESS IN A DRAMA SERIES(ドラマシリーズ助演女優賞)

クリスティーン・バランスキー – The Good Wife『グッド・ワイフ』 – CBS
エミリア・クラーク – Game of Thrones『ゲーム・オブ・スローンズ』 – HBO
レナ・ヘディ – Game of Thrones『ゲーム・オブ・スローンズ』 – HBO
タンディー・ニュートン – Westworld『ウエストワールド』 – HBO
モーラ・ティアニー – The Affair『アフェア 〜情事の行方〜』 – Showtime
コンスタンス・ジマー – UnREAL『アンリアル(原題)』 – Lifetime

BEST SUPPORTING ACTOR IN A DRAMA SERIES(ドラマシリーズ助演男優賞)

ピーター・ディンクレイジ – Game of Thrones『ゲーム・オブ・スローンズ』 – HBO
キット・ハリントン – Game of Thrones『ゲーム・オブ・スローンズ』 – HBO
ジョン・リスゴー – The Crown『ザ・クラウン』 – Netflix
マイケル・マッキーン – Better Call Saul『ベター・コール・ソウル』 – AMC
クリスチャン・スレイター – Mr. Robot『MR.ROBOT / ミスター・ロボット』 – USA Network
ジョン・ボイト – Ray Donovan『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』 – Showtime

BEST GUEST PERFORMER IN A DRAMA SERIES(ドラマシリーズ・ゲスト・パフォーマンス賞)

マハーシャラ・アリ – House of Cards『ハウス・オブ・カード 野望の階段』 – Netflix
リサ・ボネット – Ray Donovan『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』 – Showtime
エレン・バーンタイン – House of Cards『ハウス・オブ・カード 野望の階段』 – Netflix
マイケル・J・フォックス – The Good Wife『グッド・ワイフ』 – CBS
ジャレッド・ハリス – The Crown『ザ・クラウン』 – Netflix
ジェフリー・ディーン・モーガン – The Walking Dead『ウォーキング・デッド』 – AMC

BEST MOVIE MADE FOR TELEVISION OR LIMITED SERIES(TV用映画又はリミテッド・シリーズ)

All the Way『オール・ザ・ウェイ(原題)』 – HBO
Confirmation『コンファメーション(原題)』 – HBO
Killing Reagan『キリング・リーガン(原題)』 – National Geographic
Roots『ROOTS/ルーツ』 – History
The Night Manager『ザ・ナイト・マネージャー(原題)』 – AMC
The People v. O.J. Simpson『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 – FX

BEST ACTRESS IN A MOVIE MADE FOR TELEVISION OR LIMITED SERIES(TV用映画又はリミテッド・シリーズ女優賞)

オリビア・コールマン – The Night Manager『ザ・ナイト・マネージャー(原題)』 – AMC
フェリシティ・ホフマン – American Crime『アメリカン・クライム(原題)』 – ABC
シンシア・ニクソン – Killing Reagan『キリング・リーガン(原題)』 – National Geographic
サラ・ポールソン – The People v. O.J. Simpson『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 – FX
リリー・テイラー – American Crime『アメリカン・クライム(原題)』 – ABC
ケリー・ワシントン – Confirmation『コンファメーション(原題)』 – HBO

BEST ACTOR IN A MOVIE MADE FOR TELEVISION OR LIMITED SERIES(TV用映画又はリミテッド・シリーズ男優賞)

ブライアン・クランストン – All the Way『オール・ザ・ウェイ(原題)』 – HBO
ベネディクト・カンバーバッチ – Sherlock: The Abominable Bride『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』 – PBS
キューバ・グッディングJr – The People v. O.J. Simpson『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 – FX
トム・ヒドルトン – The Night Manager『ザ・ナイト・マネージャー(原題)』 – AMC
ティム・マシスン – Killing Reagan『キリング・レーガン(原題)』 – National Geographic
コートニー・B・ヴァンス – The People v. O.J. Simpson『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 – FX

BEST SUPPORTING ACTRESS IN A MOVIE MADE FOR TELEVISION OR LIMITED SERIES(TV用映画又はリミテッド・シリーズ助演女優賞)

エリザベス・デビッキ – The Night Manager『ザ・ナイト・マネージャー(原題)』 – AMC
レジーナ・キング – American Crime『アメリカン・クライム』 – ABC
サラ・ランカシャー – The Dresser『ザ・ドレッサー(原題)』 – Starz
メリッサ・レオ – All the Way『オール・ザ・ウェイ(原題)』 – HBO
アナ・パキン – Roots 『ROOTS/ルーツ』– History
エミリー・ワトソン – The Dresser『ザ・ドレッサー(原題)』 – Starz

BEST SUPPORTING ACTOR IN A MOVIE MADE FOR TELEVISION OR LIMITED SERIES(TV用映画又はリミテッド・シリーズ助演男優賞)

スターリング・K・ブラウン – The People v. O.J. Simpson – FX
レイン・ギャリソン – Roots『ROOTS/ルーツ』 – History
フランク・ランジェラ – All the Way『オール・ザ・ウェイ(原題)』 – HBO
ヒュー・ローリー – The Night Manager『ザ・ナイト・マネージャー(原題)』 – AMC
ジョン・トラボルタ – The People v. O.J. Simpson『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』 – FX
フォレスト・ウィテカー – Roots『ROOTS/ルーツ』 – History

Top Photo © A&E Television Networks, LLC

Critics’ Choice Awards オフィシャルウェブサイト

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s